JBL FLIP4購入。持ち運び簡単。浴室でも音楽聴ける。

JBLのFLIP4のスピーカーを購入しました。

防水性に優れたIPX7に対応しています。

IPX7とは?Weblio辞書によると以下の通りです。

IPX7とは、日本工業規格の規定する電子機器の防水性能に関する等級のうち、特定条件下で一時的に水没しても浸水せず機器に悪影響の出ない「防浸形」を示す等級である。

(Weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/IPX7 より引用)

購入した理由は、入浴中やシャワーを浴びてる時にも語学学習をしたかったからです。

iPhoneからブルートゥースで音楽を飛ばせば浴室でも英語トークを聴くことができます。

浴室に置いたイメージはこちらです。

あと、持ち運びも便利です。水筒を持ち歩くような軽い感覚。連続再生は12時間まで可能です。

実は、上位版のJBL CHARGE3とどちらを買うか迷いました。

しかし、結論からいうと、軽くて、小さいので持ち運びに便利なのでJBLのFLIP4にしました。

JBL CHARGE3は「8.7 x 21.3 x 8.8 cm ; 798 g」
JBL FLIP4は「7 x 17.5 x 6.8 cm ; 517 g」

です。ただし、小さいJBL FLIP4の方は連続再生時間は20時間→12時間と短くなります。

つまり、長い間、連続再生したい場合は大きいJBL CHARGE3を、軽くて小さくて持ち運び重視するならJBLのFLIP4を選ぶと良いということです。

私は白色を買いましたが、他に赤、青、緑、黒、グレー、迷彩があり、色選びにも困りません。

唯一難点なのは、UCBがオレンジ色で統一性がないんですよね。JBLカラーという意味では統一されてますが。しかし、こちらも白で合わせてほしかった・・・

まあ見つかりやすいということで我慢します。

お値段は私の場合は消費税込みで8,800円で購入しました。

浴室で語学学習や音楽を聴きたい方、家中手軽にスピーカーを運んで聴きたいという方にオススメです。

→アマゾンで購入する →楽天で購入する

JBLとは?

JBLはアメリカ合衆国カリフォルニア州ノースリッジに本拠地を置く音響機器製造会社でありブランドです。ジェームス・B・ランシングにより1946年に設立されました。2017年には韓国のサムスン電子がJBL保有のハーマン・インターナショナル・インダストリーズを買収しています。