人間はとかく「思い込み」の罠に悩まされます。気づかないうちに、思考の枠組みが出来上がってしまうのです。放っておくと、同じ「輪廻」を繰り返すことになります。

なぜいつも同じようなトラブルが起きるのか?

同じ「フレーム」=「スキーマ」で物事を考えているからです。同じスキーマで考えていれば、盲点だらけの人生になってしまいます。しかし、驚かないでください。100%の人がそうなのですから。悟りを開いたブッダでなければ、必ず盲点は存在するのです。

では、いったい、どうすれば盲点が見えるようになり、新しいスキーマを作ることができるのでしょうか?1つは新しいゴール設定です。これは強力です。新しいゴールを設定すると、なかば強制的に盲点が外れます。スキーマが変わるきっかけになります。

もし、新しいゴールが見つからないなら?誤解を恐れずいえば、なんでもいいのです。もうとにかく目に入ったものを片っ端からやる。チャレンジする。誰かが「この映画おすすめだよ」と言ったら、思考うんぬん、とにかく観るのです。ラブコメだろうが少女漫画だろうが、お構いなしに観てみてください。間違いなく盲点が外れます。もしかしたら、新しいビジネスチャンスだったり、人生が変わるキッカケもあるかもしれません。

が、これも期待はしてはいけません。無功徳です。

「ただやる」

それだけです。何も期待してはいけません。

作野裕樹