あなたが経営者としてステージを上げたいなら、決してがんばってはいけません。コーチングを受ける際もがんばってはいけないのです。たまにクライアントさんが「がんばります!」という言葉を発することがありますが、「いえ、がんばらないでください。」と伝えています。

たとえば、

「もっと経営の勉強がんばります!」
「がんばって儲けます!」
「がんばって売ります!」
「がんばって痩せます!」

など。

なぜ、がんばってはいけないのでしょうか?理由は「がんばる」というのは、義務感が伴うからです。義務感の中で生きてると、脳のパフォーマンスは必ず落ちてしまいます。

たとえば、世界陸上の男子400mハードルで銅メダルを取った為末大さんは、著書『「遊ぶ」が勝ち 『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ! (中公新書ラクレ) 』で「どんな努力も夢中には適わない」と言っています。彼は、義務感や努力の中で練習などをしていると、結果がよくならないと書いているのです。この「夢中」の状態は、がんばっているうちはなれません。そうじゃなくて、純粋に楽しめ。遊べと。そうすると、自然とパフォーマンスがあがっていくらしいのです。

だから、クライアントさんが「がんばります!」というと、ちょっと間を置いて、「いや、がんばんなくていいです!」と声をかけています。

そうじゃなくて、こう伝えるのです。「『新しいゴールへの旅』という最高クラスの面白い遊びを、とことん楽しめばいいですよ」と。

先日も、あるクライアントから、コーチングの際にビジネスの相談を受けました。いろいろと、新しい商品を探しているようでした。しかし、わたくしは言いました。「がんばって探しているうちは見つかりませんよ」と。そうじゃなく、すでに「ある」と思うのです。もうすでに、売れる商品やビジネスは、あります。

その人の「内」にあるのです。ただ、それに気づいていないだけ。それは、残念ながら、がんばっているうちは見つかりません。自分を信じ、ただただ、無我夢中に取り組む。楽しむ。委ねる。そうすれば、自然と脳のパフォーマンスは上がります。結果として、望む商品やサービスがふと出来上がるのです。ちなみに彼も数日後に「作野さん!見つかりました!」と新しい事業のタネに気づくことができました。

決して、がんばってはいけません。「あれ?なんか無理してないか?がんばってやしないか?」と思った時は、間違ったゴール設定かどうかを疑うサインかもしれないのです。コーチングを受ける際も十分気をつけてください。