経営者として飛躍したいなら「ゴールの抽象度」を上げた方が早いです。しかし、ゴールの抽象度はどうやって上げたらいいのでしょうか?オススメなのが「抽象度が高いゴールを実現した人」のお話を観たり聴いたりすることです。そうすれば自然と抽象度は上がっていきます。今日はそのオススメ映画の一つを紹介します。

映画『グローリー/明日への行進 』です。私はこの映画を観てとても感動しました。

内容は、キング牧師ことマーティングルーサーキング.jrの黒人の人種差別をなくすための戦いの話です。当時、リンカーンによってアメリカは奴隷解放されたのですが、実際はまだまだ解放されたとは言えず、差別されたままでした。そこで、キング牧師は立ち上がりました。といっても、暴力的に戦うのではなく、「非暴力」で、ただただ行進することで意思を表示しました。

これは本当に恐ろしいことで、攻撃されても一切攻撃しないから攻撃されるがままです。それでも「非暴力」で戦う姿勢に黒人のみならず、国中の心が動き、白人までもが感動し、行進に協力。結果、大統領も動き、ついに公民権を獲得したのです。

「不可能」や「無理」と言われたり、脅されたりしながらも。これは起業家や経営者の方々にぜひ観ていただきたい作品です。起業する、事業を立ち上げるということは、ある意味、社会のなんらかの問題を解決するためのチャレンジです。そこには、価値があればあるほど、見えぬ敵や妨害が必ず存在します。それに屈しない勇気を与えてくれる優れた作品です。

最後にマーティンルーサーキングの名演説「I have a dream」の動画を載せておきます。とても勇気が湧いてくる動画です。観てるだけで抽象度もエフィカシーも上がってきます。