自由な生き方を実現するには、「持たない」ことをおススメします。わたしは、昨日、ついに愛車を手放しました。長い間、なかなかふんぎりがつかなかったのですが、ようやく決断しました。なぜ、愛車を手放したのか?

理由の1つ目は、「ほとんど必要がないから」です。都内にいると、車はなくてもさほど困りません。電車も充実していますし、タクシーもすぐにつかまります。レンタカーも好きな時に、そこら中で借りることができます。また、最近は、「カーシェア」も充実しており、近くで必要な時にすぐに借りられます。わたくし自身、車に乗るのは1ヶ月に1度ぐらいでした。移動はほとんどが電車かタクシーで足りています。

理由の2つ目は、「コストがかかるから」です。ほとんど使わないにもかかわらず、車は持っているだけでコストがかかります。私が駐車場を借りている東京都港区は、だいたい、平均で一ヶ月5万円~7万円が相場です。その他、毎年一回、自動車税の納税があります。自動車保険も払っています。1ヶ月に1回ぐらいしか乗らないのに、このコストはもったいないなあと感じていました。

理由の3つ目は、「メンテナンスが大変」だからです。車は定期的に整備しないと危険ですよね。オイルとか、ワイパーとか、タイヤとか、バッテリーなど。あらゆるところに目を向けなければなりません。しかも、月1回以上、使用していないと、バッテリーが上がったりしてしまいますし。車に限らずですが、別荘とかも、メンテナンスが大変だったりしますね。わたくし自身、昔、運転中に車が止まったり危ない経験を何度も経験したことがあります。命に関わることなので、メンテナンスはしっかりしたいものです。

そして、理由の4つ目は、「持たないこと」が豊かさにつながるからです。20世紀の物質社会は、モノを持つことが豊かさの象徴でした。しかし、どうでしょうか?モノだけ持っても豊かになりましたでしょうか?モノをたくさん持つことで、部屋は散らかり、スペースもどんどんなくなって窮屈な思いをしていませんか?引っ越しの際に大変な思いをしていませんか?

たとえば、震災の時を思い出してみてください。「所有」することが、どれだけ不便だったことか。持ち家がある人は、安全な場所に移動したくてもなかなかできなかったり。

21世紀は、わたしは「シェア」の時代だと考えています。必要なモノは、自分で持たなくてもシェアすればいいのです。たとえば、都内であれば、車はカーシェアやレンタルで十分です。持ち家はなくても、貸家で十分です。しかも、業者さんがしっかりメンテナンスをしてくれたりしますから、いつでも、整備の行き届いた車や住居を借りることができます。しかも、最新の設備を。

また、会社経営でも同様に「シェア」がキーワードになります。たとえば、社員をたくさん抱えることなく、アウトソーシングでなんとかなります。税理士、弁護士などの専門家も外部で契約することができます。電話対応や営業部門なども、今は外注できる時代になってきています。

そもそも、この世の中に生まれてきた時点で、「所有」という概念を持つことが自体がおこがましいと考えています。この世に、何一つ、所有できるものなんてありません。すべては「借り物」です。人間は、裸で生まれ、裸で死んでいくもの。なにかを所有することに喜びを持つことは、矛盾を抱えているわけですね。

また、「借り物」ですから、いつだって好きな時に借りればいいのです。所有する必要なんてありません。たとえば、街で走っているフェラーリだって、どうしても乗りたければ、買わなくても借りればいいのです。現に、1日約8万円ぐらいで借りられます。1ヶ月に1回乗るとして、港区の駐車場が5~7万円で、車体代、保険代とか考えると、レンタルの方がよほど賢いですね。どうしても所有感を味わいたければ、数名でフェラーリオーナーになるサービスもあります。たとえば、年間約150万円(初年度)と、2年目からは約50万円ぐらい払えば、誰だってフェラーリオーナーになれます。月15万円ぐらい払えれば、フェラーリを自由に乗れるわけです。もう、フェラーリを乗ってることがお金持ちの象徴だなんて言えない時代ですね。誰でも乗れます。

「持たない」ことを意識すれば、好きな時に、好きなモノを借りて楽しむことができます。たとえば、車を持たなければ、必要な時に、好きな車種を、しかも、新しい設備で、メンテナンスが行き届いたものに乗れます。バイクでも、たくさんの種類のバイクを乗ることができます。自宅でも、好きな時に、好きな場所に、新しい設備で住めます。

将来はニューヨークに住むかもしれませんし、ジンバブエに住むかもしれません。自由です。車だってフェラーリに乗るかもしれませんし、デロリアンに乗るかもしれません。いつだって自由です。理想は、「トランク一つ」でどこでも行けるようになることですね。

自由な人生を実現したければ、徹底的に「持たない」ことを考えてみてはいかがでしょうか?必要なモノ以外、むやみやたらに買わないこと。持たないこと。たとえば、事務所、車、家、社員、商品などなど。あらゆるものを「持たない」ことを考えてみてはどうでしょうか。

「モノに使われる人生」

から自由になり、豊かさを感じられるかもしれません。